「日記」の記事一覧

ママ友とコミケに参加しています

日記

物心ついた頃から『三度の飯より本が大好き』で、おこずかいはすべてマンガや小説などの本題につぎこんでいました。

マンガにいたっては、少女漫画も少年漫画も面白いものは分け隔てなく読んでいて、親戚の家に行くと、従兄の部屋に入りびたり少年誌をあさって読みふけっていました。

それで子どもの頃は親から『本の虫』と呼ばれたものです。でも、まさか大人になって自分でお話を書いたり、本を作って売ったりするようになるとは、夢にも思いませんでした。

本の虫だった私も結婚し子どもができると、時間的にも経済的にも余裕がなくなり、すっかりマンガや小説から遠ざかり、育児と仕事に追われる日々を過ごしておりました。

そんなある日のこと、ママ友とたまたまマンガの話をして盛り上がってしまいました。聞けば彼女は昔マンガ研究会にいて、自分でマンガを描いていたと言うのです。

まさか子どものお友達のお母さんにマンガを描いていた人がいたとは!優しい彼女は私に読み切れないほどのマンガ本を貸してくれて、
私は育児と家事と仕事の合間に、またまた本の虫に戻ってしまったのです。そして勢いに乗って、私たち二人で同人誌を作ることになりました。

彼女がマンガを描いて、絵の描けない私はお話を書くことになりました。

そして噂には聞いていたコミックマーケット、通称『コミケ』に参加することにしたのです。場所はお台場のビッグサイト!私たちはまるで本物の作家のように、締め切りを決めて、発行部数を決めて、リーズナブルな印刷所を探しました。

私たちは作家で、編集者でした。それはワクワクする経験でした。

しかし、実際にお話を書こうとパソコンに向かうと、何も思い浮かびませんでした。来る日も来る日も、最初の一行どころか、一文字も浮かばないのです。

「やばい、書けない。私には才能がなかった。お話を書くなんて無理だー」と真っ白なワードに向かって叫ぶ日々。

楽しくてせつない話を書きたい、と思っていましたが、どうにもこうにもストーリーが浮かばないのです。

それでも容赦なく締め切りが近づいてきます。ママ友も久しぶりにマンガを描くので、なかなか苦労しているようでした。

二人で悩んで悩んで、でもなんとか締め切りまでにお話を書き上げました。タイトルは秘密にしておきますが、淡いピンクの表紙の薄い本です。

私たちはこの本を10冊刷って、当日ドキドキしながらビッグサイトに向かいました。ビッグサイトの中の人込みと膨大な机の数に圧倒されながら、私たちはなんとか自分たちの机を見つけて、本を置いたのです。

会場には人気作家さんの机に列をなした大勢のファンの人たちがいたり、自分たちより若く場慣れした人たちが楽しそうにしていました。

どうしても浮いているような気がして落ち着かず、目の前を通り過ぎる人と目をあわせないようにしていました。勢いでここまで来たけれど、どうしたって自分たちの本が売れるとは思えませんでした。

でも、売れたんです。(≧▽≦)1冊だけ。

1冊でもいい、誰かが私たちの本を買ってくれた―それは奇跡のような出来事でした。「もう神様かもしれないね」と二人で喜び合いました。

この成功(?)で、私たちはすっかり本作りにハマってしまいました。

次の5月のイベントに向けて、着々と、いや本音を言えば、また苦しみながらお話を作っています。(*^_^*)

 

和菓子屋の手相占い師

日記

占いをしてもらったのは今までの人生でただ1度だけ。偶然ではありますが、とても興味深い占い体験でした。

私は旅行が趣味で、特に神社、仏閣を巡るのが大好きです。人生初めての占いをしてもらったのは、私が伊勢神宮へ2泊3日で遊びに行ったときでした。神宮近くのゲストハウスに昼過ぎ頃チェックインし、スタッフの方に「この辺りに伊勢神宮以外でオススメのお店とか、スポットありますか?」と聞いたら、面白い答えが帰ってきたのです。「そこのお店、和菓子屋さんなんですけど、実はお店のお母さんが占い師で、お菓子を買うと本格的に占ってくれるんですよ(*^_^*)」。

その話を聞いた瞬間、「え?本当に?そんなお店があるのか…」と思わず疑ってしまいましたが、どうやら本当のようです。和菓子屋さんの占い師と聞いて、遊び程度のものだろうと半信半疑になりながらも、興味が湧いてきたので行ってみることにしました。

噂の和菓子屋さんは、古くからやっているお店で、見た目は古く少し店内は暗いのですが、相当な歴史を持っていることは感じられました。お店で120円の大福をとりあえず購入し、「この人かな?」というおばちゃんに占いをしたいんですが…と訪ねてみました。たった、120円しか購入してない自分が占ってもらえるんだろうか?と思って心配したのですが、おばちゃんの答えは即答です。「お、占いか!そこの宿で話を聞いてきたんやな?、ほら、見てあげるからはよ座りや゚(*´∀`*)」快く答えてくれたおばちゃんに、安心したことを今でも覚えてます笑。

おばちゃんの自己紹介から始まり、どうやら元々この和菓子屋さんの娘さんなのですが、若いときに占い師として活動、専門は手相占いらしく、本格的に学び手相占いの協会資格もしっかりともっている方のようです。今は実家の和菓子屋さんを継ぐために戻ってきて、趣味もかねてお客さんに占いやってるんだとか。意外としっかりとした経歴に驚きつつも、手相占いが始まりました。

まず全体的な印象として、「体力があって、バイタリティがある」「大怪我などはしないが、内蔵などで弱い部分がある」などと、思い当たるようなことをスラスラと答えてくれます。手相にすべてが現れると、そのおばちゃんは語ってましたが、家族や親しい友人しかしらないようなデリケートなことに関することも教えてくれて(ここでの記述は避けさせてもらいます)、はじめに少し疑っていた自分が申し訳ない気持ちになっていました。

「他に気になることはある?」と聞かれ、「じゃあ、結婚の話をぜひ笑」とお伝えすると、「結婚に関しては心配せんでも相手がちゃんとおるでー、でも、兄さん真面目やから今のうちに恋愛ももって遊んだほうがええよ(・∀・)」というアドバイスをもらいました。相手がいると言われたことに安心しつつも、「遊び」の部分は納得することができず、30分ほどの鑑定タイムは終了しました。

それから、対面での占いをしたことはありませんが、おばちゃんの占いが当たったのかパートナーを見つけることができました。ただ、「遊び」に関してはやらずに終りましたけど笑。

最近、うまくいかないことがあり、その占いが懐かしくなって無性に占いをしてもらいたくなってきたんです。でも地元での占いはどれがいいのかまったくわからなかったんです。その時いいタイミングで「札幌の占いならここ!」っていう札幌の占いの情報をまとめたサイトを教えてもらいました。軽く見てみたんですけど、占いって札幌にいっぱいあることにビックリしています。オススメの占いも載っていて参考になります。

今度1人でコソッと行ってきたいと思います(*^^*)

液体ファンデで母が肌荒れ

日記

ファンデーションもピンキリで安いものから高いものまでまちまちですよね。この間母が違うファンデーションを使っていました。お金があまりなかったのかもしれませんが、ドラックストアで売っているような安いBBクリームだったと思います。

その日の夜に母の顔に異変が起こっていました。お肌に合わなかったのか、軽く肌荒れしていました。

明らかに新しく買ってきたBBクリームが原因だなということがわかりました。それまで母がBBクリームを使っているのを見たことがなかったので、BBクリームのつけ方を知らないので化粧下地や乳液、化粧水など付けずにいきなりBBクリームを塗ってしまったのかもしれませんが、それだけでは説明ができないくらいの荒れ様だったので、なんだかかわいそうになってきました。

母にそれとなく聞いてみると、つけた感じがなんかすごくべたつく感じだったそうです。やっぱりどんなものでも合う合わないがありますよね。
ちなみに私は粉のファンデーションは付けていないのでCCクリームのみです。百貨店やデパートでお肌に合う化粧品を選んでくれたり、自分に合った色を選んでくれるコーナーがあるので母を行けばよかったなあと未だに後悔していますが、その時はそんなことは思いもしませんでしたし、母も良さげで安いものがあれば手に付けて化粧した気分になってすぐにレジへ行ってしまったんでしょうね。でもそのせいで肌荒れしてしまったみたいです。

私は意外と肌が丈夫なようで、以前にもファンデーション入りの日焼け止めがあったのでそれを塗ってみたりしましたが、意外と肌荒れもせず、質感も若干艶っぽくなっていい感じでしたし平気でした。化粧を落とさずに寝てしまったりすると流石に肌荒れしてしまいますけどね…。

個人的には液体ファンデは品質が悪い物を使ってしまうと、なんかメイクオフしても落とし残しがある感じがします。一見綺麗落とせたように見えても、後で拭き取り化粧水でしっかり落とさないとぶつぶつになる感じがします。

しっかりメイクすると落とすのが面倒くさいので、化粧落としでごしごし洗いたくなりますけれど、後で肌荒れの原因になりかねないので、メイク落としは面倒くさがらずに丁寧にすることが基本ですよね。
その後、母は量販店で買ったりせずにネットなどで人気の50代の人におすすめのファンデーションを使っているようです。ミネラル成分がたっぷり入っているようで、肌荒れは一切しないし肌が若返ったと喜んでいます。私もミネラルファンデにしようかなと考えてしまうほどのハシャギっぷりです(笑)

ファンデーション選びって重要ですね。

アニメ鑑賞をしてみることに

日記

ふと、私は無趣味な毎日を過ごしていることに気付いたんです。何か良い趣味はないかと探していると、アニメの話をする人々が多い事に気付きました。私は人気のある順番にアニメを見たり、話題になっているアニメを見たりしようと思いました。

しかし、アニメの本数の多さに愕然としました。しかも、短期間で終わってしまうのがほとんどなのです。てっきり何十年も続くのかと思いました。

しかし、それでも頑張って人気のあるアニメを見ました。しかし、どこが面白いのかわかりませんでした。アニメや漫画は自分には向いていないのだろうと思ってあきらめかけた頃に、ハンターハンターと言う漫画に出会いました。この漫画は何十年も続いていて人気があると言うのでアニメを見始めました。

これが面白くなかったら、もう二度とアニメは見ないようにしようと思いました。幻影旅団というキャラクターが出てくる所あたりから面白くなってくると言うので、我慢して何十話と見ました。最初から見た方が、しっかりと物語の背景などが把握できてより面白いと思ったのです。

見終わった感想は、退屈な話が何話も続く事もありましたが、大変面白かったです。今までみたアニメの中で最高レベルの面白さでした。100話以上のアニメを2度も見直すほどでした。せつないシーンが嫌だったり、人気のあるキャラクターがあまり登場しないと言う不満はありますが、トータルでは大満足でした。

早く作者の先生には連載を再開して欲しいです。特に、幻影旅団が活躍する所と、メルエムの参謀の3人が活躍する所は見応えがありました。これらのキャラのグッズや音楽なども楽しみました。

また、サイトも人気で、端から端まで読んだり、自分の意見や感想、物語の予想などを投稿しました。映画も2本あるのですが、チェックしました。画像も集めて毎日のように眺めていました。妄想したり、自分のオリジナルストーリーを作ったりしました。自分のお気に入りが主人公なのでとても楽しかったです。

( ´ ▽ ` )

 

私の吹き出物暗黒期

日記

私の吹き出物人生からの転換期は何とかして自分で肌のでこぼこを解消してやろうと決意した日から変わりました。

10代~30代前半頃まで吹き出物に悩んでいました。

特にひどかった時期は20代後半~30代後半くらいです。主に顎と頬部分の吹き出物と 爪でいじったあとの薄茶色のあとだらけで、まるで「月の表面のクレーター」のようだったかと思います。(-.-)

あまりにもひどい顔(そもそもかもしれませんが(泣)のため外出時と 人との対面時には常時マスクで隠すようにしていました。熱くても蒸れても気持ち悪くて不快でも汚い顔を見せたくない気持ちがまさりました。

仕事さがしにも大きく影響しました(;´・ω・)接客はとても考えられず、人との対面はストレスでした。かといってオフィスワークでも人との対面を恐れそれらの職種には応募できませんでした。

結果的には食堂の洗浄場という「裏方のさらに奥」のような場所で一時期働きました。常時マスクをし かつ人との対面も少なく、かなり気持ちが楽でしたが体はきつかったです。

食事をとるときは 、できるだけ一人で食事をするようタイミングをはかったり・・・。その職場からの人間関係のつながりは現在ありません。

とある時期、テレビで「お肌のでこぼこ」というキーワードを目にし皮膚科で「肌のでこぼこ」についての診察を受けたりしたこともあります(;´・ω・)お医者様がどう返答したか忘れましたが(-“-)

ビタミン剤の処方をうけ しばらく服用していたかと記憶します。一時肌荒れが軽減された程度の効果だったように思います。

本当に何とかしたかったので、スキンケアについて書店で専門の本を購入してよんだり、ネットかテレビか、どこからかの情報の影響から、スキンケアを積極的に行うようになりました。当時、自分ではわからなかったのですが、きっと皮膚が厚くなっていたことも肌のでこぼこの原因だったかと思います(`・・)/

そして極力いじらず保湿をすること。かといって油分のあげすぎもよくない。ひどいうみの排出は清潔にすること。

スキンケアとほどほどの保湿、マスク装着での保湿でかなり軽減されたように記憶します。一時期、マスクを朝から晩 寝る時にも24時間 装着しました。

これらを経てひどい吹き出物のピーク人生から数年、現在30代前半ですが、特に肌のでこぼこには悩まなくなりました。(30代で吹き出物に悩んでる人も少ないと思いますが・・・(;´・ω・)

しかし今でもときどき出ますが、小さく少ないです。体に良くないこと、暴飲暴食(甘いお菓子の摂りすぎ コーヒーの飲みすぎ など)をしたり、質の良くない睡眠、睡眠不足、また不衛生だったり するとでます。(おばちゃんでもでます(^_^;)

しかし、肌のでこぼこの対処法として、キチンとケアしてあげて、極力いじらないようにして保湿するとすぐ直ります。以前は次から次と出ていましたが。

吹き出物を中心とした若かりし暗黒期は去りました。しかし、若い頃にするべきことや、おつきあいなどのチャンスなどなどもつかむことなく過ぎました(O_O)

もっと早くから積極的にスキンケアのことを調べて実践していればよかったなぁと少し後悔しています(-_-;)

便秘が悪化すると

日記

私は生まれつき腸が長いです。小さい時に腸が長く絡まってしまう病気になりました。小さかったので手術は出来なかったため、空気を送り元に戻すという方法で元通りにしてもらいました。

その後、同じ病気なる可能性もあると言われましたが今のところなったことはありません。しかし腸が長いせいか極度の便秘です。

周りの人がよく便秘だと話しているのを聞いてみると自分は更に酷いことがわかりました。私は5日くらい出ないのは当たり前です(TT)

便秘が理由で病院には言ったことないのですがたまたま風邪などで病院へ行くと、だいたいお腹が張っていると言われました。その時に便秘薬を処方されるのですが続きませんでした。

便秘薬を使うとお腹が痛くなりますので仕事中も何度もトイレに行かなければなりません。そのため、薬はほとんど使っていなかったです。続けないので効果も全くわからず、薬以外の方法を試しました。

生野菜を毎日食べるや食物繊維をとるなどしたのですがそれでもあまり効果はありませんでした。私の場合、5日出ないのちにお腹が痛くなります。お腹が痛くなるのでもちろんその時は軟便でたくさん出ますがまた同じ繰り返しになります。体には悪いとわかっていますがなかなか自分に厳しくなれません。

薬も続かないですし、便秘解消には飲み物が効果的なのはわかっているのですが、水分も元々も取らない方なのでそれも原因だとわかっています。そんな感じなのでなかなか改善ができません。

そのまま生活でついに妊娠してしまいました。妊娠すると便秘になりやすいとは聞いていましたが私の便秘は更に悪化しました。産婦人科で聞かれたのでもちろん相談したのですが内科と同じような薬しか貰えませんでした(T_T)

便秘だと赤ちゃんに影響があると聞いたことがあったので心配になり、薬は飲み続けることにしたのですが仕事中に何度もトイレに行かなければなくなりました。仕事を抜けださいといけなくなって周りの人にとても気を遣いました。

ただでさえ妊婦なので周りに気を遣わせていたので仕事がしにくかったです。それと困ったことに電車通勤していましたので電車がとても大変でした。

会社から最寄り駅までが遠く歩いている時も我慢できずになることがたまにありました。とても不安になってしまい薬を飲むのが嫌になりました。

出産前には既に飲んでおらず出産になり困りました。分娩台に上がった時のことが心配になりなるべく出しておきたいのにいつも通り出ませんでした。

本番で出てしまったらどうしようと考えると痛いのと同じくらい恐かったです。痛い中、何度もトイレに行きました。汗だくで出てきた時もありました。

無理矢理出して出産に挑みましたが現在2人目の妊娠をしています。現在も便秘です。また出産が不安な毎日なのです(^_^;)

便秘でお腹がぽっこり

日記

昔からひどい便秘持ちです。何らかの、減肥茶を飲んだり、野菜のみの食生活を続けたりなどの対策を取らないとあっという間に1週間全く出ない状態になります(?_?;)

また、便意が来た時にすぐトイレに駆け込まないと、便意が引っ込んでまた出なくなってしまいます。学生時代は比較的トップスが大きめのサイズを着ていたので目立たなくてよかったのですが、社会人になってからは服装がスーツなので、この便秘が一番な悩みです。便秘の厄介な所は、お腹が膨らむ事です。

スーツのスカートはウエストが目立ちやすく、また、上のシャツをスカートにインして着るので、お腹の状態がそのまま見えます。便秘の状態で、昼ごはんなどを食べると下腹部がパンパンに膨らんで、まるで妊婦の様なお腹になります!(◎_◎;)

これは、便が出れば引っ込むので、お腹のお肉ではなく内容物で膨らんでいると思っています。その為、お昼お腹を空いても、食べると下腹部が膨らむのですごく少食にしています。ランチに同僚と一緒に行って一人前を食べると、スーツの締め付けで気持ちが悪くなってしまいます。膨れたお腹では、他人に妊娠しているのではと思われる様な気がして、お腹に神経が集中してしまい、散漫な状態になります。薬で一気に出せるので、使っています。

しかし、ご飯を少食にして更に便秘が加速した状態での薬の使用は、今度は肌荒れや気分の悪さや、疲れやすさを招き、本当に悪循環です。同世代の友達でも、私ほど頑固な便秘の人はそんなにいないので、理解されにくいです。便秘は我慢しすぎると、気分が悪くなったり、汗が出やすくなったりします。体の不調が全て便秘から来ている様な気がするので、これを改善できればいいのにと悩んでいます。

また、薬を使って一気に出す際、トイレが止まらなくなったり、トイレ中の音が凄かったりとなにかと不便なので、休みの日に使って一気に出す様にしています。今は薬を頼っているので、ますます本来の出す力は弱まっている気がするので悪循環で困ってます( ´△`)

ページの先頭へ